top of page
利用規約(ショートメモ)
第1条(本規約の目的・適用・同意)

1. この利用規約(以下、「本規約」)は、UT app(以下、「当方」)が提供する以下のアプリケーションとウェブサイト(以下、総称して「本サービス」)の利用条件を定めるものです。
    - ショートメモ
    - 公式サイト
2. 本サービスを利用するユーザーは、本規約の定めに従って本サービスを利用するものとします。本規約に同意されない場合、本サービスをご利用になれません。
3. 当方は、本規約に関する条項の追加、削除、特約等の条件または本サービスに関する諸規約(以下、「個別規約」)を別途定めることがあります。これらの個別規約はその名称のいかんに関わらず、本規約の一部を構成するものとします。
4. 本規約と個別規約との間に齟齬が生じた場合は、個別規約において特段の定めがない限り、個別規約が本規約に優先して適用されるものとします。

第2条(禁止事項)

本サービスの利用にあたり、以下の行為を禁じます。

1. 法令に違反する行為、またはその恐れのある行為
2. 公序良俗に反する行為、またはその恐れのある行為
3. 当方または第三者の財産、名誉、プライバシー、知的財産権等を侵害する行為、または侵害する恐れのある行為
4. 当方または第三者のサーバーやネットワークに負担をかける行為、またはその恐れのある行為
5. コンピュータウィルス等有害なプログラムを使用または提供する行為
6. 不正アクセスをし、またはこれを試みる行為
7. 他のユーザーに関するパーソナルデータ等を収集または蓄積する行為
8. 不正な目的を持って本サービスを利用する行為
9. 本サービスの円滑な運営を妨害する行為、またはその恐れのある行為
10. 本サービスに関連して、反社会的勢力に対して直接または間接に利益を供与する行為
11. 当方の承諾のない本サービス上での宣伝、広告、勧誘、または営業行為
12. 本サービスやそのソースコードを無断で改変、複製、再配布する行為
13. その他当方が不適切と判断する行為

第3条(反社会的勢力の排除)

1. ユーザーは、以下のいずれか一にも該当しないことを表明し、かつ将来にわたっても該当しないことを表明し、保証するものとします。
    1. 自ら(法人その他の団体にあっては、自らの役員を含みます。)が、暴力団、暴力団員、暴力団員でなくなった時から5年を経過しない者、暴力団準構成員、暴力団関係企業、総会屋、社会運動等標ぼうゴロまたは特殊知能暴力集団等その他これらに準じる者(以下、総称して「暴力団員等」)であること
    2. ユーザーが法人その他の団体の場合にあっては、暴力団員等が経営を支配もしくは実質的に関与していると認められる関係を有すること
    3. ユーザーが法人その他の団体の場合にあっては、自らの役員または自らの経営に実質的に関与している者が暴力団員等と社会的に非難されるべき関係を有すること
    4. 自らもしくは第三者の不正の利益を図る目的または第三者に損害を加える目的をもって取引を行うなど、暴力団員等を利用していると認められる関係を有すること
    5. 暴力団員等に対して資金等を提供し、または便宜を供与するなどの関与をしていると認められる関係を有すること

 

2. ユーザーは、自らまたは第三者を利用して次の各号のいずれか一にでも該当する行為を行わないことを保証するものとします。
    1. 暴力的な要求行為
    2. 法的な責任を超えた不当な要求行為
    3. 取引に関して、脅迫的な言動をし、または暴力を用いる行為
    4. 風説を流布し、偽計を用い、または威力を用いて、当方の信用を毀損し、または当方の業務を妨害する行為
    5. その他上記に準ずる行為

第4条(利用制限)

1. 当方は、ユーザーが以下のいずれかに該当する場合には、事前の通知なく、ユーザーに対して、本サービスの全部もしくは一部の利用を制限し、またはユーザーとしての登録を抹消することができるものとします。
    1. 本規約のいずれかの条項に違反した場合
    2. 登録事項に虚偽の事実があることが判明した場合
    3. 料金等の支払債務の不履行があった場合
    4. 当方からの連絡に対し、一定期間返答がない場合
    5. その他、当方が本サービスの利用を適当でないと判断した場合

 

2. 当方は、本条に基づき当方が行った行為によりユーザーに生じた損害について、一切の責任を負いません。

第5条(利用環境の整備)

ユーザーは、自己の費用と責任で、本サービスを利用するために必要な機器、ソフトウェア、通信手段等の利用環境を準備し、適切に維持するものとします。当方は、ユーザーが利用環境を準備、維持できず、本サービスを利用できない場合の一切の責任を負わないものとします。

第6条(本サービスの追加・変更・中断・終了)

1. 当方は、ユーザーへの予告なく、本サービスの全部または一部を追加、変更、中断または提供を終了することがあります。


2. 当方は、以下のいずれかに該当する場合、ユーザーへの予告なく、本サービスの全部もしくは一部を変更、中断または提供を終了することがあります。
    1. 不可抗力(地震、津波等の天災、火災、感染症、暴動又は戦争行為等の緊急事態を含むが、これらに限定されない)により、本サービスの提供が困難な場合
    2. 本サービスの提供のための機器、システムの保守点検、更新を定期的または緊急に行う場合
    3. 電気通信事業者が提供する電気通信が中断したとき、または本サービスに供する機器、システム、オンラインサービス、回線等の障害が発生した場合
    4. その他、運用上あるいは技術上当方が本サービスの中断が必要であるか、または各サービスの提供が困難と判断した場合


3. 当方は、本サービスの追加・変更・中断・終了に伴い、ユーザーまたは第三者が被った不利益、損害について、一切の責任を負わないものとします。

第7条(パーソナルデータの取り扱い)

当方は、本サービスの提供に際してユーザーから取得したパーソナルデータを、プライバシーポリシーに従って適切に取り扱います。

第8条(免責事項)

1. 当方は、本サービスに事実上または法律上の瑕疵(安全性、信頼性、正確性、完全性、有効性、特定の目的への適合性、セキュリティなどに関する欠陥、エラーやバグ、権利侵害などを含みます)がないことを明示的にも黙示的にも保証しておりません。
2. 当方は、本サービスに起因してユーザーに生じたあらゆる損害について、当方の故意又は重過失による場合を除き、一切の責任を負いません。ただし、本サービスに関する当方とユーザーとの間の契約(本規約を含みます)が消費者契約法に定める消費者契約となる場合、この免責規定は適用されません。
3. 前項ただし書に定める場合であっても、当方は、当方の過失による債務不履行または不法行為によりユーザーに生じた損害のうち特別な事情から生じた損害(当方またはユーザーが損害発生につき予見し、または予見し得た場合を含みます)について一切の責任を負いません。また、当方の過失による債務不履行または不法行為によりユーザーに生じた損害の賠償は、ユーザーから当該損害が発生した月に受領した金額を上限とします。
4. 当方は、本サービスに関して、ユーザーと他のユーザーまたは第三者との間において生じた取引、連絡または紛争等について一切の責任を負いません。

第9条(権利義務の譲渡の禁止)

ユーザーは、当方の事前の承諾なく、本規約上の地位または本規約に基づく権利もしくは義務を第三者に譲渡し、または担保に供することはできません。

第10条(本規約および個別規約の有効性)

本規約及び個別規約の一部が無効となる場合についても、本規約及び個別規約のその他の規定の有効性は一切影響を受けないものとします。

第11条(本規約の変更)

1. 当方は、以下の場合、ユーザーへの予告なく、本規約を変更することができるものとします。
    1. 本規約の変更が、ユーザーの一般の利益に適合するとき
    2. 本規約の変更が本規約の目的に反せず、かつ、変更の必要性、変更後の内容の相当性その他の変更に係る事情に照らして合理的なものであるとき

 

2. 本規約の変更は、当方が別途定める場合を除いて、公式サイトに掲載したときから効力を生じるものとします。
 

3. 本規約の変更の効力が生じた後にユーザーが本サービスの利用を継続した場合、ユーザーはすべての規約変更に同意したものとみなします。

第12条(準拠法・裁判管轄)

1. 本規約は、日本語を正文とします。
2. 本規約は、その抵触法の原則の適用を排除して、日本国法を準拠法とし、これに従い解釈されます。
3. 本サービスに関して紛争が生じた場合には、東京地方裁判所を第一審の専属的合意管轄裁判所とします。

bottom of page